選挙 アルバイト

バイトルドットコム

選挙アルバイトは短期集中型

選挙は、衆議院選挙や参議院選挙、そして地方の市議会議員選挙など、単発的に行われるもので、投票日は基本的には1日なので、短期集中でアルバイトをすることになります。

 

どんな仕事でも、基本的にはしばらく経験を積んで、一人前になれるのですが、選挙のアルバイトの場合には、一日もしくは二日で済んでしまうので、長期的なアルバイトをすることは、基本的にはありません。

 

ただし、有権者がいかに投票をしてくれるか?のように、投票の説明をする役割や、間違いない開票をする役割、そして、早く投票情報を伝えるための出口調査、有権者が快適に投票できる環境を整える会場設営などの業務などさまざまな仕事があります。

 

若い人は、なかなか選挙に行かない傾向にありますが、選挙のアルバイトをしますと、いかに選挙が大切なのかを理解することができます。

 

短期集中型ですので、長期のように、一緒に働く人との相性などは気にすることもなく、淡々と職員の指示に従って、仕事をすればよいのです。

 

仕事自体はそれぞれ苦労があります。会場設営の担当の人は、前日の夕方から準備を始めて、当日には選挙の開始時間までに設営をしなければなりません。会場を案内する役割の人は、しっかり有権者に説明をしなければなりません。

 

また、出口調査のような場合には、嫌がる有権者から情報を得なければなりません。でも、短期ですので、後腐れはありません。言われた通りに仕事をすればよいのです。短期集中型の良いところです。